「頭に汗をかく投資」のためのメールマガジン

あなたは投資で頭に汗をかいていますか?

投資は知的格闘技だと僕は考えています。

基本を反復練習し、そのうえで戦術を考えて自分の力でマーケットに取り組む、
それが投資の基本だと考えているからです。

もしあなたが本当に地に足をつけた投資をしてみたい、と思っているなら、このメールマガジンは役に立つかもしれません。
他の投資の先生と違って、役に立ちます、ではなく、役に立つかもしれません、とあえて書きました。

「かもしれない」、というのなら自分には関係ない、
自分は確実に儲ける方法を求めているのだから、
という方は、この時点で立ち去っていただいた方が、あなたにとっても、僕にとっても、お互いに幸せだと思います。

儲けるための確実な方法がないから、トレードではトレンドフォローや逆張り、スイングトレードやデイトレード、テクニカルやファンダメンタルズなど、昔からいろいろな方法やいろいろな手法を、いろいろな投資家が考え続けてきました。

もし必ず儲ける方法があれば、それだけが生き残りますし、それだけを勉強すればよい簡単なことです。

たくさんの手法がいまだに存在し、そしてどの手法にもそれなりの数の成功者がいる、という事実をまずは考えなくてはいけません。

その事実から考えられることは、どの手法も有効な時もあれば有効ではないときもある、そしてどの手法であっても儲けるチャンスがある、ということです。

でも、あなたがすべての手法を勉強する必要はありません。

正直に言います。
僕はチャートの勉強をすると、チャートを使ってうまく取引すれば儲かりそうだとは思えるのですが、どうしても勉強を続けるモチベーションが持続しません。

25年もトレードをやっていますから、自分なりにいつの間にか身についているいくつかのチャート的な手法もトレードには取り入れていますし、ある種のテクニカル分析が有効であることも確信しています。

でも、自分には合わないのです。

一方で、友人の中にはテクニカル分析一辺倒の人もいます。
彼はテクニカル分析の勉強をし、僕にその話をするときはとっても楽しそうです。
でも会話がファンダメンタルズやマクロ経済の話に移ると、途端に彼の中のモチベーションは下がるようです。

彼も僕も多分儲かるトレーダーに分類はされると思います。

でも手法は全く別です。
トレード準備の段階で、僕はマーケットのシナリオをいろいろ考えることが、彼はチャートに線を引きいろいろと考えることが、とても楽しくて仕方がないのです。

あなたは投資を楽しんで準備できますか。

もしあなたが知的好奇心を持って準備できる手法を現在持っていないとしたら、このメルマガをきっかけにあなたが興味を持てる手法を探すことができるかもしれません。

このメルマガはいろいろなことを幅広く扱っていきます。

その中であなたが必要と思うことと、耳が痛いと思うこと、この2つを取り入れて自分なりの手法を見つけていってください。

簡単に確実に儲かる方法をとにかく知りたい、という方はご遠慮ください

簡単に確実に、という言葉は、資本主義のマーケットの中では意味が決まっています。

誰もが簡単にできる、誰もが手に入れられることは、資本主義では価値の低いものになります。
価値が低いものは、価値の低いリターンしか得ることができない、というのは資本主義のオキテです。

そして金融マーケットは、その資本主義の根幹です。

何も考えないお手軽な手法で成果を出せる、ということをあなたが本当に信じているのであれば、残念ながらあなたは投資というものには向いていないと思います。

シンプルな儲ける期待値の高い手法は確かに存在します。
しかしそのトレーダーがそこにたどり着くまでに、どれほどの試行錯誤を繰り返し、どれほどのモノにならなかった手法を試し、どれほどの改良、手直しを繰り返したか、ということを想像してください。

確かに本人はそんな努力は見せずに、涼しい顔で取引をし、結果を出していたりします。

でもそれを見て、自分もシンプルな手法で儲けられる、と考えるのは早計だと思いませんか。

また確実という言葉は金融市場では金利にしか当てはまらないものです。
まあ、その金利でさえインフレという不確実なものと戦っているのが市場の現実なのですが・・・。

金利以上のリターンを金融市場で簡単・確実に得るというメルヘンのような魔法の方法を求めている方には、このブログやメルマガは全く役に立ちません。

そもそもそんな方法があれば、借金してその方法を使えばあっという間に大金持ちが量産できてしまいます。

インターネット上の世界にはたくさん存在する「簡単に大金持ちになる方法」ですが、現実に目にする機会は僕にはありませんでした。

僕が目指すのは、マーケットを観察し、それぞれの事象を深く考えながら、試行錯誤を繰り返し、少しでも優位な手法でリスクを取って取引する、そしてそのリスクを取った結果としてトータルで勝つ、ということです。

このメルマガでは、推奨銘柄を出すこともありませんし、簡単に儲かるチャートの見方を教えることもありません。

それがあるのであれば、僕の方が知りたいくらいだと思っているくらいですから。

自分で考える覚悟がある人のにヒントを伝えることはできると考えています

株で儲けている人、株の儲けだけで生活している人を何人も知っています。
でも彼、彼女らは、びっくりするくらいリアリストです。

自分が確実に儲ける方法を持っていないという現実を知っているからこそ、自分が取ったポジションが毎回勝つなどという幻想を持たず、常に努力を伴いながらトレードを行って結果につなげています。

不確実な将来がわからないからこそ、トレードの前には準備を徹底し、トレード中にはいろいろな予兆に気を配り、トレードの最後は欲や怖れと別次元で終了する方法論を考えています。

彼、彼女たちに共通しているのは、ただ一つの解答などないことを理解した上で、それでも解答に少しでも近いものを探し続ける努力ができる才能である、と僕は考えています。

マーケットの中で、僕がどういうものの見方をしているか、ということをこのメルマガではお伝えしていきます。

あなたは、まずはその考え方やものの見方を理解し、同意したり批判する必要があります。

そしてそれら自分の考えたことを自分の中で再構成していかないと、結局投資はうまくいかないと思います。

ここまで固い話をしましたが、実は楽しくないと「頭に汗をかく投資」は続きません。

雑談の多い先生の授業のように、いろいろな話題を投資に紐づけて、皆さんに考えてもらうのが目的のメルマガです。

自分一人で考えていても、自分の見方でしか物事を見ることができないので、成長はどうしても遅くなります。

ですからこのメルマガには僕自身のメリットもあるのです。

普段自分が漠然と考えていることをメルマガで言葉にすることで、自分の考えが整理でき、新しい発見があります。
また皆さんからのフィードバックや疑問を受けることで、自分自身が考えていなかった角度からマーケットを考えるきっかけになり、新しい考え方を吸収し自分自身が成長できる、とも考えています。

ですから質問があればメールをいただきたいと思っています。

そしてその質問をメルマガの中で読者の皆さんと共有し、共有しながら回答していきたいと考えています。

もしここまでの話で「頭に汗をかく投資」のためのメールマガジンに興味を持たれたら、下記からメルマガの登録をどうぞ。