SQ明けから年末にかけての見通し

先週末の雇用統計、SQも終わり、クリスマス・年末まで外国人は徐々にお休みモードになります。

今週はFOMCがありますので、FOMCが終わり動きがなければ、そのまま長期休暇に入る外国人投資家も多そうです。

先週末のメルマガで今週の見通しを書きました。

以下、引用になります。

雇用統計は無事通過、年末相場は?

昨晩は雇用統計でしたが、特に波乱はありませんでした。

夜間の日経先物も昨日の後場とほぼ同じ水準での小さな動きで終了しています。

来週からのマーケットについて考えてみました。

注目のイベントはFOMC、為替の動き

来週はまずは14日にFOMCがあります。

利上げがあるのでしょうが、その影響がどのくらい金利の期間構造にはねてその金利カーブの動きがドル円を含めた為替にどのくらいの影響を与えるか。

111円から115円、もしくは112円から114円で長くもみ合っているドル円がどちらかに離れるきっかけになるかもしれません。

あまりどちらかに動くイメージは持てないのですが、一応注目すべきイベントだと考えています。

12月に持ち越されていた米国の債務上限問題も特に材料になっていない状況です。

ここ数年、結局は予定調和的に上限引き上げで終わっており、今年はもはや騒がれもしなくなった感じもあります。

ニュース関連では中東情勢、北朝鮮問題、といったところがあります。

イスラエルを中心とした中東情勢がどのくらいの影響があるのか、正直日本にいるとわからないところです。

ニュースだけ見ると大きな扱いですが、先走って一時的に日本マーケットは下げましたが、結局特にマーケットには反映されていません。

欧米の庶民感覚も、人としての想いはあっても、日常生活に何か変化が起こるというほどのニュースではないということだと思います。

北朝鮮問題も、制裁と言いながらもいろいろと抜け道もあるようで、バカ正直な日本人の感覚と世界の感覚は違うのではないか、と考えています。

確かに、中東はテロ、北朝鮮はミサイル暴発というブラックスワンリスクがあります。

しかしそこにこだわりすぎているとトレードが出来ないので、こちらはいつものようにプット買いで対応しておきます。

そのプット買いでついでに米国株の調整リスクもヘッジしています。

現在の取引主体ごとの需給状況

さて現在のマーケットは、外国人の買いが一服し、一応外国人は売りにまわってはいますが、調整の範囲内だと考えています。

売っている金額を見ても、特に下がるという相場観を持っての売りではないでしょう。

また外国人は年末にかけてはクリスマス休暇で大型の連休を取る人も多く、とくに動いてくるところではないと思います。

一方国内勢は、下落時は滞留している個人の資金の押し目買いや日銀のETF買いがあり限定的、上昇は国内機関投資家の利食い売りが待っている状況で、上下ともに動きにくい相場になっていると考えています。

水曜日の下落もそういった国内プレイヤーの動きだけで解説できるマーケットでしたし。

(これについては木曜日のメルマガで解説してあります。)

国内勢が意識するのはやはり年末年始の長期の休みです。

ここ数年年末と年始とでマーケットの様相ががらりと変わる展開が続いています。

個人投資家は休みに入る前に無理に上を買うことはないと思います。

一方で機関投資家の方は、株価が上昇すれば売りを出してくる状況なので、年内は上下ともに動きは少ないと考えています。

ただ実際に年末にかけて勢いをつけて上昇しているときには、サラリーマンとしては長期の休みの前に理由もなく売るのはなかなか勇気がいるところです。

年末年始の間にさらに上昇したら、上司の目がキツイ、なんてことを考えてしまいますから。

そういうこともあって、年末にかけて相場が上昇して年初から少し調整、というパターンが多くなっているのだと思います。

年末にかけて勢いよく上昇し、そこで何かニュースがあって売る理由が見つかる、というのがサラリーマン的には一番いいシナリオでしょうね。

年末までは、上下の動きが乏しく、出来高も少ない中で、どのくらい日銀のETF買いが入るかに注目しています。

日銀買い、その他投資家の売り、という構図の中で、次の上昇のエネルギーになるくらい投資家の売りがたまるかどうか、がポイントと考えています。

日銀のETF買いの回数や数量が多くなるようなら、少し上に賭けてポジションを取ってもよさそうなところです。

ポジションについて

自分のポジションは少しコール買いが多くなっています。

コールを売りながら、先物買いに乗り換えプットを少し買うか、コール、プットともに減らしながらファーアウトのコール買いだけのポジションにするか、どちらかに変化させようと考えています。

上昇には時間がかかりそうなので、コール買いは少し不利という前提でポジションを考えていこうと思っています

SQ明けということもあり、動きが出るまではあまりポジションを傾けないというのも自分のスタイルなので、来週はトレード回数も少なくなりそうです。