衆院選挙後のマーケット見通し

本日の寄り前に出したメルマガの内容です。

現時点では寄付き高値という感じですが、どうなるでしょう。

下で書いているコールの利食いはうまく終了しました。

今朝のメルマガ

衆院選は与党の勝利となりました。

昨晩はテレビにかじりついて結果をとはならず、ボクシング村田の世界戦を見ていました。

すごくいい試合だったと思います。

お互いに決着をつけようと後ろに引かないスタイルで、素晴らしい試合になったと思います。

選挙は与党の勝利

さて選挙は与党の勝ち。

ただ改憲については、与党第2党が立憲民主党になったことがどう影響するか、だと思います。

改憲は安倍さんの一番大きなモチベーションでしょう。

これがうまくいかない、

そうこうしているうちにまた朝日や毎日がネガティブキャンペーンを張る、

そうすると安倍さんが首相を降りると言い出す、

というリスクもありそうです。

今すぐにではないものの、安倍さんが辞める場合、次が岸田さんになるのか、全く違う系統の人になるのか、その時の情勢次第ではマーケットには大きな影響がありそうです。

それは先の話でしょうが、その時は大きな動きになるでしょう。

短期の見通し

短期的見通しは、いったんは上昇、その後の利食いと損切りが出る中で若干の下押し、その後再び上昇というシナリオを素直に描いています。

事前の選挙予測と結果があまり違わないのであまりひねって考える局面ではない、と考えています。

サプライズの上昇も・・・

事前の選挙予測は週後半にかけて、自民が苦戦するのではないか、というメディアが多い状況でした。

ですからショートを持っていた人は、自民が意外に伸びないという希望にすがって損切りしていない可能性が高い。

ですから本日は意外高もあると考えています。

また新興市場などの株を持っている人が、波乱の可能性を考えて、日経先物を少しヘッジで売っていたということもいかにもありそうです。

その買い戻しもあるでしょう。

ですから、まずは日経先物主導の上昇が先で、個別株、とくに新興市場は物色される展開にはならないでしょう。

日経の上値のめどは

日経の上値のメドですが、夜間のオプション市場を見ていた限り、22500円くらいの行使価格を境にインプライド・ボラティリティの動きが変わっていたので、22500円あたりが次の節目になりそうです。

ポジションは

自分のポジションはコール買いが少しあります。

いったん利食って、それから次の手を考えるつもりです。

利食って、と言いましたが、今日はイベント後なので、インプライド・ボラティリティが下がって、結局コールは利食えない感じもします。

追加

あさイチでうまく売れました。

選挙前は不安感からインプライド・ボラティリティが上がっていましたので。

とりあえずコールが利食えれば、先物を少し買って乗り換えるつもりです。

追加

少し買いました。

実は明日から北海道へ行きます。

今週はマーケットを見ている時間が短くなりそうなので、先物も大きなポジションは持たないつもりです。

日経先物がいったん止まれば選挙前にコールのボラティリティが上昇していた反動で、コールは割安になるでしょうから、そこでコール買いでポジションを大きくしようと考えています。

追加

こちらはまだです。
たぶん今日午後以降、明日、明後日になるかもしれません。

日経先物の上昇がどこで止まるかはわかりませんが、それまでは個別物色のマーケットにはなりにくそうです。

今週も儲けていきましょうね。

大谷長靖

以上引用終わり。

寄り後の動き

寄付き後は利食いも出て、一服している感じです。

11月限22500円は3円高でしかありません。
(寄付はなんと35円でしたが。)

今日の前場は21700円±100円程度の小動きになりそうです。

後場から需給の流れが変わるかどうかは注目しています。

オプションのインプライド・ボラティリティを見ると、金曜の夕方よりは下落しています。

金曜のザラバと較べればそんなに落ち着いた感じはありませんが、形状は大きく変わっています。

プットが割高、コールが割安という形でSkewの傾きが大きくなっています。

高値警戒感が強くプットは買われ、コールには利食い(損切り)の売りも出ているということですね。

この高値警戒感が続く限りは、下押ししても大きな下げにはなりにくいと考えています。

ゆっくりとオプションを絡めたポジションを作っていきたいところです。

 

 


大暴落、急騰に強い日経オプション買い戦略入門

Udemyというオンラインコースのページで公開している講座です。
225OPTIONというコードを使うと1200円でコースを受講できます。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください